お申し込み・お問い合わせは9:00~20:00(土日祝のみ~18:00)

0120-922-711
0120-922-711

閉じる

介護職員初任者研修

講座内容

資格を取得するには、講義と演習で構成される約130時間の研修の受講と、受講後に実施される約1時間の筆記形式の修了試験の合格が必要です。
介護現場を意識した講義と実技のカリキュラムのスクーリング(通学講習)と介護の基礎知識を習得する自宅学習によって深く理解できます。

スクーリング

15

  • 1回目
    講義職務の理解
  • 2回目
    講義介護の基本的な考え方
  • 3回目
    実技ベッドメイキング、体位変換
  • 4回目
    実技車いす・歩行の介護、移乗の介護
  • 5回目
    講義老化の理解、介護職の役割と多職種の連携
  • 6回目
    実技衣類の着脱の介護
  • 7回目
    実技食事の介護・口腔ケア
  • 8回目
    講義介護保険制度、家族の心理の理解、認知症の理解
  • 9回目
    実技排泄の介護
  • 10回目
    実技入浴・清潔保持の介護
  • 11回目
    講義人権と尊厳を支える介護、終末期の介護
  • 12回目
    実技介護過程の理解
  • 13回目
    実技介護技術のまとめ
  • 14回目
    講義介護におけるコミュニケーション、学習の振り返り
  • 15回目
    試験修了試験(筆記試験1時間)
※上記カリキュラムは、2017年度の東京都での実施内容です。
時期・都道府県によって、内容が一部変更になることがあります。
修了条件
  • スクーリング(全15回)に出席していること。
  • 修了評価(筆記試験1時間)に合格すること。

自宅学習

3~4

テキスト学習の進行に合わせて3~4回のレポート(選択問題と記述式の構成)を提出します。
問題はテキストに完全対応。自宅でマイペースに取り組めます。
丁寧な解説つきの採点結果が戻ってきます。
※自宅学習の回数は都道府県によって異なります。

出題テーマ

  • 介護における尊厳の保持・自立支援
  • 介護の基本
  • 介護・福祉サービスの理解と医療との連携
  • 介護におけるコミュニケーション技術
  • 老化の理解
  • 認知症の理解
  • 障がいの理解 等
解説付きでわかりやすい!
修了条件
  • 自宅学習(全3~4回)を提出し
    全ての評価が合格基準以上であること。
 
修了 最初は不安でしたが、自分のペースで楽しく学ぶことができました! 約1か月後に修了証明書が発行されます

もし不合格だった場合はどうなるの…?

もし不合格になってしまっても、追加の費用はかかりません。修了まで無料で再挑戦いただけます。
合格までコース担当者が親身にサポートいたします!(初回受講日より8か月間有効)

さらにご希望の方には ベネッセの有料老人ホームへの見学実習無料!

ベネッセでは有料老人ホーム約300拠点、在宅事業所を約40拠点運営しています。
「自分や自分の家族にしてもらいたいサービスを提供する」という理念のもと、働く従業員が約15,000人います。
お一人おひとりのお客様に誠実に向き合うことを大切にし、その「想い」を一つひとつの行動に表していくことを常に心がけています。
ご希望の方には、ホーム見学のご案内(30分~1時間程度)ができます。
ご自宅の近くのベネッセの有料老人ホームをみてみませんか。

  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ
施設の雰囲気を見るチャンス!

満足度95%介護の「なぜ」「どうして」が身につくカリキュラム

Benesse

「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」でおなじみのベネッセだから
「考える」「実践する」を盛り込んだカリキュラムで理解が深まります。
介護が必要な方にとって“あなたが来てくれてよかった”と思われる介護職になるために必要な知識や技術を、講義をはじめ個人ワークやグループワーク、実技を通じ、分かりやすくお伝えします
※2016年度4月~翌3月実施の初任者研修修了者818名のアンケート結果より

現場で活きる!講義と実技の指導法

講義グループワーク

講義

グループワーク

個人で考える

 

グループで意見交換

現場ではお一人のご利用者に対して多職種の連携が求められます。自分の考えを言葉で伝え、チームでひとつにまとめる、という現場の仕事につながります。

実技ロールプレイングのグループワーク

実技

ロールプレイングのグループワーク

ご利用者を体験

 

お互いにフィードバック

現場でのご利用者のお身体の状態は様々。技術の根拠を知ることで応用を考える力がつきます。技術の裏にある根拠を習得するロールプレイング(役割演習)が必要なのです。

介助者の身体にもやさしい技術

ベネッセの介護技術ガイドラインは、ボディメカ二クスを取り入れた
ご利用者と介助者双方の安全・安心を考えたものです。

※ボディメカニクスとは、人間の運動機能(骨、関節、筋肉など)の力学的相互関係を活用した技術のこと

ご利用者の安全を確保(ご利用者の自然な身体の動きを重視)+介助者の安全を確保(介助者の身体の負担を軽減)

介護業界では介助者の腰痛を訴える声は後を絶ちません。介助者にとっても安全・安心な技術指導が求められます。ベネッセでは介護技術全てに独自のガイドラインを設けています。それは一つ一つの技術にある根拠を知り、ご利用者の自然な身体の動きをサポートする自立支援の考え方に基づいたものです。

講師はベネッセの介護技術ガイドラインに沿った言葉で指導しています。

大きな骨を支えます!重心を落として体重移動です!

ベネッセの介護技術はご利用者・介助者にとって負担が少ない

ボディメカニクスを使った介助の一例

現役&ベテラン介護職の講師陣!

受講生アンケートから

先生は優しいけれど技術面では妥協せず、丁寧に教えてくださいました。全体の雰囲気もよく、明日も頑張ろうと思いました。

臨場感があり、ポイントも含め精力的に教えていただきました。密度も濃かったです。様々な動作に理論的な根拠があるのは発見でした。

先生には腰痛や身体の痛みはないと聞き、技術を身につけることで腰痛は防げるものなんだと思いました。身体の構造や動かし方を知ることで、予防できることをしっかり頭に入れておきます。

先生の人柄や介護に対する考え方がすばらしいと思いました。話を聞くのに夢中になりました。介護は楽しいものだと何度も聞き、イメージが変わりました。

講師インタビュー

西 和子講師

  • 介護福祉士・介護支援専門員
  • 介護技術講習主任指導者・介護教員

海外在住時に介護を学んだことをきっかけに、多様な介護施設・サービスで経験を積む。現在は講師として介護への熱い思いを日々伝えている。

介護には、自分の人間性を高める学びがあります。

現場経験豊富な選抜された講師陣です。体験事例を聞くことでリアルに学びが伝わってきます。グループワークを通して他の人の考え方や思いを知り自分自身の振り返り、再発見ができます。毎回復習をしていくことも安心に繋がります。
介護は技術を学ぶものと考えがちですが、知識技術と同様にこころを磨くことも大切です。相手の立場に立って考えることができる、変化に気づく心、介護職として誇りが持てるなど、自分の人間性を高める学びが介護にあります。自分自身の生き方を学べるのもこの研修だと思います。
新しい出会いと感動が待っています。仲間との学びの中でコミュニケーション力を高め自分自身を知り、さらに社会に役立つ自分になるチャンスです。是非“自分再発見”を楽しみにチャレンジしてみてください。お待ちしています。

お申し込み~お支払いまでの流れ
  • step1

    受講お申し込み

    まずは会場とコースをお選びください

    お電話でのお申し込み・お問い合わせ

    0120-922-711 9:00~20:00(土日祝のみ~18:00 ※年末年始を除く)
  • step2

    教材の到着

    お申込み受付後、10日以内に教材と受講料のお支払いのための書類を送付します。

    研修テキスト

  • step3

    受講料のお支払い

    教材お受け取り後10日以内に受講料をお支払いください。

    お支払い方法

    振り込み

    →ATM

    クレジットカード

    VISA mastercard
無料説明会のご案内

介護の仕事と資格を知ろう

資格講座の学習内容、介護のお仕事について
ご紹介する説明会を実施しています。

参加無料 予約不要 質問・相談歓迎
資料請求

詳しいご案内を
お送りいたします。

無料 資料イメージ